JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報

さて、車でセーヌ河右岸から左岸へ移動、車窓から眺めるパリの風景
バスとは違った目線で新鮮でした。
マドレーヌやオペラ界隈、ルーブル美術館、市役所、バスチーユ広場
を経由してサン・ルイ島にある、勇鮨(いさみずし)に直接今夜食事
できるか直談判、21時〜は満席だけど、19時からは空きがあるので
予約完了。ここはわたしは知らなかったけど、だいぶ前にご主人の
リュックと行ったことのある、パリで最高のおすし屋さんだとか。
左岸に渡りセーヌ河沿いのノートルダム寺院を眺めながらぐっと
おしゃれな6区、
サンジェルマン・デ・プレ界隈へ。
なのに、ゴミ回収のスト中だったので、いたるところゴミ、ゴミ、
ゴミの山!
日本ではありえない光景の中、ジュヌさんとぶどうを食べ
歩きながら
残った枝は、ゴミ箱からあふれかえる頂上に、ドミノの
ごとくのせながら
ウインドー・ショッピング。
2015_1013france0167.JPG
サンジェルマン・デ・プレ教会。
教会内部はスペシャリストであるジュヌさんに説明してもらい
このあと老舗カフェ「カフェ・ド・フロール」でお茶。
2015_1013france0170.JPG

ダロワイヨ (DALLOYAU)店内。お菓子だけでなく、お惣菜もけっこうあった。
ジュヌさん曰く、パリで一番の上質マカロンだそうです。
おみやげに買っていただきありがとうございました。
フランス通のお友達も美味しいと言ってました。
このあとふたたび界隈のセレクト・ショップや画廊など非常に
洗練されている(当然中で働いてるひとも素敵と一致)あたりを
散策しました。
全体的にわたしにはシック過ぎな、おパリのおサンジェルマン
・デ・プレでしたが、センスを磨くためにも素通りできない場所。
ジュヌさんのガイドで、この地区の建物・通り・歴史等も合間に
はさんでなかなか楽しかったし、勉強になりました。

さて、時間も押してきたのでスーパーマーケット・MONO PRIX
(モノプリ)に寄ったあとはとっても楽しみなおすしです!
が、このあとちょっとしたアクシデントに・・・

本日のおすすめ商品は、パイナップルもようの編地がかわいい、丸ドイリーNo8です。
2015_1126tricolosir0001.JPG
↓こちらのページからご覧くださいね↓
http://tricolosir.com/?pid=96077247
今日もみなさんにちいさな幸せが訪れますように。


10月6日、最寄のリオム(Riom)駅でホストファミリー、
ジュヌヴィエーブと別れひとり旅でパリに向かいます。
パリ国鉄(SNCF)の列車は朝10時半に発車、
アランがわたしの荷物を列車内に運んでくれて、私は外でミッシェルと
ジュヌヴィエーヴとお別れのあいさつしてて、(といっても、7日に
パリでジュヌヴィエーヴと再会するんだけどね。
彼女の夫がパリで会議
があり一緒に行くのだけど彼女は昼間
一緒に行動してくれた!)
で、いきなり発車しそうになって、わたしがあわてて乗って、
私と私の荷物でふさがった狭い通路をアランがなんとか乗り越え
間一髪でした!ふ〜、アナウンスがないのは困る。

到着は午後2時前なのでお弁当もミッッシェルがつくってくれた。
わたしの好きな白ハムのサンドイッチ、昨夜のムール貝(この
ために残す心意気!)チーズ、フルーツなど至れりつくせり。
彼女はいつも最後のお別れのときお弁当を持たせてくれる。
ジュヌさんも白ハム、バゲットを買ってきてくれて2人前になったが
ありがたくいただいた。そんな恒例の列車内のお弁当=サンドイ
ッチが大好きなのです。

パリ国鉄のベルシー(Bercy)駅に到着、キオスクでカルネ(地下鉄回数券)
を買って(以前窓口が閉まってるか長蛇の列だの、自動券売機のクレジット
が使えない・故障、小銭に両替できなかった、など日本では考えられないこと
が必ず起こるのでこの国は先手必勝)難なくメトロ(地下鉄)に乗る。
ガード・リオン(Gare de Lyon)駅でRER(高速鉄道)に乗り継ぎパリ北
(Gare duNord)駅に到着。ミッシェルが予約してくれたホテル(行きたい
店まで歩ける、空港
まで乗り換えなしでいけるなど考えて)へすこし迷った
けど到着。夕方までまだ時間があるので、近場で仕入れをしようと外出。
メトロのバルベス・ロッシュショアー駅(Barbès - Rochechouart)構内で
警官3人に10代の若い男子が取り押さえられていた、彼は「おかあさ〜ん」
と叫び激しく抵抗、しばらく見ていたけど、地下鉄職員に「ほらほら、行って
行って。見世物じゃないよ。」と見物客は蹴散らされた、たぶん万引きかスリ
の類い。このあたりは治安が悪いので、Notre-Dame de Lorette(ノートル
ダム・ド・ロレッット駅周辺のお店散策のあと20時までにホテルに戻った。
晩ごはんはサンドイッチ、チーズにフルーツの残り、無駄にならずよかった。
やはりパリは緊張して疲れる、お風呂に入りさっさと寝る。
2015_1013france0166.JPG
翌日10月7日、ときどき雨がぱらつく曇天、冷たい風が吹く。
朝食はパン屋さんでパン・オ・ショコラを一つ買った、1,1ユーロ。
聞くとコーヒー・1ユーロ(エスプレッソではなかった)もありテイク
アウトできるので持ち帰る。パン屋はいたるところにあり朝早くから
開いてるし、ホテルやカフェの朝食より安いし朝からたくさん食べない
私ひとりなら、今後もずっとこのパターンだな。
ジュヌヴィエーブがホテルまで迎えにきてくれた。
大渋滞に巻き込まれて大変だったらしくお気の毒だった・・・
映画「アメリ」でもおなじみ、18区は生地の問屋街になっている。
お店の3階の窓からサクレクール寺院をパチリ、予期せぬ場所がベスト
ショットだったりする。
生地はとにかくたくさんあって、外国人が買い物するにはテクニッック
がいるので、種類・用途・品質など、お洒落でシックなジュヌさんの
アドバイスをもらって選びました。

このあと国鉄St-Lazare(サン・ラザール)駅近くの大きな郵便局へ。
空港での重量オーバー課金を考慮して仕入れた布や小物を日本へ送る。
もしひとりだったら、地下鉄で重い荷物を自力で運ぶところだったし、
生地選びも含めスムーズで時間を失わずに済んだ。
ジュヌさん、ありがとう。
そして続きは右岸から左岸へと移ります。

本日のおすすめ商品はジュヌさんと選んだランチョンマットです。
他にもいくつかありますので順次UPしていきます。
中国で縫製されたものですが、現行品はほとんど中国製だし、それでも
ディティール部分は良い仕事をしてる、と品質やセンスを見極める力の
ある彼女が言ってたのでお墨付きです。
2015_1129tricolosir0005.JPG
↓こちらのページからご覧くださいね↓
http://tricolosir.com/?pid=96078864
今日もちいさな幸せが届きますように。


10月5日の午後、サン・ネクテールSaint-Nectaire)
のチーズの里を訪ねて・・・
2015_1013france0153.JPG
車を降りて深呼吸、広大なピュイ・ド・ドーム県は素晴らしい。
この雲は、もやもやや不安・ためらい、でもこれから先の
希望やわくわくもあるから重たそうだけど軽くもある。
大地の真ん中の鮮やかな黄みどり(見えますか?)は
雲が切れて太陽(希望)のスポットライトで輝いてる。
さあ、一歩前へ出よう!
・・・ちょっと哲学的な画が描けそうなイメージ。
ここに住んでたらときどきこの場所でたそがれたい・・・
2015_1013france0150.JPG
チーズの工房を訪ねる、が、見学の時間帯を外れる。
この建物内でもチーズを販売しているので味見するが・・・
最初に私に食べさせて、コメントを求めるので、
「ちょっと熟成が若い?」
次にホストファミリーが味見して、
「若すぎる!」
だって、あはっ。
2015_1013france0155.JPG
2015_1013france0156.JPG
2015_1013france0157.JPG
2015_1013france0158.JPG
ということで、別のチーズ・ブティックを訪問。
一番上の写真・右奥の薄茶の丸い円盤みたいなのがサン・ネクテール。
他珍しいチーズやコンテやらいろいろおみやげに買っていただき
ありがとうございました。
(先週、25日に京都在住のあやこさんのお宅にお邪魔したとき
サン・ネクテール(冷凍保存)をお裾分けしました。
ホストファミリーが来日したとき、京都観光案内をしていただき
、以来ときどきお会いして楽しい時間を過ごしています。
ご主人はフランス人で、彼らはクレモン・フェランに住んだこと
もあり、このチーズも大好きで懐かしいと喜んだ)
2015_1013france0160.JPG
2015_1013france0163.JPG
さてさて、また米やら魚やら買い足して3度目のお寿司作成。
いつも思うんだけど、海外で、アジア人のつくるお店で食べる
ビジュアルになってます(笑)
お好み焼きの中身はムール貝、ベーコン、チーズと豪華でかなり
のボリュームにしてかなり大き目の2枚とも完食。
2015_1013france0165.JPG
この地方独特のデニッシュと説明してくれた。プラリネを赤い糖液
に浸して?煉りこんである。
みんなでテーブルを囲んでおいしいものを食べておしゃべり。
こんなふうにこの日の夜も更けていき、明日はいよいよパリへ
出発です。

本日のおすすめ商品は、パリの生地・黄色のたまご柄です。
94911855_th[1].jpg
↓こちらのページからご覧くださいね↓
http://tricolosir.com/?pid=94911855
みなさんに今日もちいさな幸せが届きますように。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM