さてさて、アーカッションの中心から9劼砲△襯團藝週屐Dune du Pyla)。
100m以上ある標高をめざし階段をずんずん上っていくと・・・
2015_1013france0096.JPG
2015_1013france0098.JPG
2015_1013france0101.JPG
砂丘のパノラマ!大西洋の端なのではるか向こうはアメリカだ〜。
ちょっと風があったけど、天気良くて海とのコントラストも完璧でした。
3人で手をつないで、はだしと砂の一体化したふしぎな感覚を足元に
力強く感じながら、はしゃいで砂丘を一気に降りました!

松林は砂漠化を防ぐためにあるのだとか。
帰り道、松ぼっくりを拾って日本まで持ち帰りました。
ホストファミリーはバーベキューの火を起こすときにコレを
使う(すきまがあるので燃えやすい?)のでたくさん納屋にキープ
してるんだけど、よりきれいでより小さいのに交換してくれたのがこちら↓
2015_1119tricolosir0001.JPG
かわいいビジュアルですね、パイナップルに似てて。
砂丘つながりで、うしろにあるのはチュニジアから持ち帰った砂漠の星です。
それらを見るとあのときの情景がぱっと蘇ってちいさな幸せに浸れます。
↓下に敷いた丸ドイリーはこちらからご覧くださいね↓

http://tricolosir.com/?pid=94901760
今日もみなさんにちいさな幸せが訪れますように。


バザス(Bazas)から北上、サン=テミリオン(Saint-Émilion)にやってきました。
ボルドーより東30勸未飽銘屬靴討い泙后
2015_1013france0081.JPG
車を降りて中心に向かうところ。
2015_1013france0083.JPG
2015_1013france0082.JPG
教会の回廊、中はガイド付で見学しました。
地方はあちこち訪れてる私ですが、サン=テミリオンは初めてなんです。
ここは住民がいない特殊な村だとホストファミリーは説明してくれました。
なるほど、まわりは世界遺産観光客のためのお店のオンパレード。
ワインやお菓子のブティックにレストラン、お土産用オブジェや画廊など、
そこで働いてる彼らはボルドーあたりから通勤してるとのこと。
世界遺産の静かな、予想以上にちいさな村と観光にぎわいのテンションが
微妙な感じでしたが、車中から見るぶどう畑の景観はすばらしかったです。

今日もみなさんにちいさな幸せが訪れますように・・・

本日のおすすめ商品はパリの生地・グリーン系・花柄です。

94912456 (1).jpg
↓こちらのページからご覧くださいね↓
http://tricolosir.com/?pid=94912456


アレスを拠点に車で観光、バザス(Bazas・ボルドーから南東にへ60勸漫
牛で有名な産地を訪れた。
2015_1013france0067.JPG
2015_1013france0040.JPG
2015_1013france0042.JPG
肉・肉・肉〜狩猟民族の迫力を感じます。
2015_1013france0045.JPG
お惣菜も充実、全部味見したいし、スプーンはさみ?も欲しいわ。

2015_1013france0076.JPG2015_1013france0074.JPG
バザスの教会。華美ではないシンプルさが気に入る。
中に入ると無宗教人間も厳かな気持ちになれる。
2015_1013france0077.JPG
教会のすぐ下、ロケーション・天気に恵まれカフェでお昼ごはん。
肉の旨味・脂ともが凄すぎる!ぜんぜん重たくない。
で、つけあわせ野菜もやっぱり裏切らない。すべておいしいの!健康になれるわ。
2015_1013france0078.JPG
ちょっとミルクが入ってるのが好み・ノワゼットにはシューケット
っていうのもお洒落〜。
バザス、このちいさな村がとっても気に入りました。
午後は世界遺産のサン=テミリオンへと向かいます。

◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇
パリで13日に発生した、同時テロで犠牲になった多数の方々にお悔やみ申し上げます。
負傷された人々、ご家族の皆様にどうか平穏な生活がもどりますように・・・
 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM