こんにちは、トリコロジール店長・あきちゃんです。
フランスはもちろんヨーロッパが好きなんですが、
最近気になってるのがインドです。
2014年来日したホストファミリーも旅行して少し
聞いたのもあるし、なんとな〜く無意識に意識してるのかしら、
今はインドに関する本が目に留まりよく読んでいます。

「インド夜想曲」アントニオ・タブッキ著、須賀敦子訳は
2時間くらいであっという間に読めてしまいました。
主人公の「僕」はイタリア人で、インドで失踪したともだちを
探していて、各章で物語は独立していて繋がりかつ、ハラハラ
・ドキドキのサスペンスはみつかりたくない「僕」で終わる。
すごく揺さぶっておいて、放り出され、つじつまがあわず、
それでも不思議に魅力される・・・
訳者あとがきを読んで、この須賀さんというひとが、友人に
勧められて読んだ本であり、イタリア現代文学・タブッキに
魅せられて、愛おしい思いでいっぱいのモノだったんだ・・・
訳者の効力でさらに素晴らしい作品になっているんだと思う
のが所感です。
映画化もされてるので、はたして原作を超えたのか、ちょっと
比べてみたい楽しみがあります。

本日のおすすめ商品は丸ドイリーNo10です。

↓こちらのページからご覧くださいね↓
http://tricolosir.com/?pid=98288459
今日もみなさんにちいさな幸せが届きますように。

Related Entry
    Comment





       

    Calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Comment

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM