こんにちは、トリコロジール店長・あきちゃんです。

 

行ってきました、大谷記念美術館(西宮市)

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 

〜文字を装う絵の世界〜

※興味ある方は美術館HPをご覧ください。

「カフェ」1949年・ニューヨークにて

 

異国で愛するひとを待ちわびての想いを馳せる

フジタ自身なのか、娼婦が「仕事」前にワイン

で黄昏てるのか・・・

優しい雰囲気が漂っていて好きなんです、が、

日本昔ばなし・1920年代フランスで出版

 

など、今回は挿絵本の展覧が多岐にわたり、

ディティールがとにかく美しくて、

ずっとみてしまいます。

書簡フランク・シャーマン宛 1949年3月31日

 

反面、ユーモアいっぱいのイラスト・文言の

お手紙も沢山あって、日々の生活の様子が

ダイレクトに伝わってきて、くすっと笑えて、

かわいいひとだなー(失礼かな)って思いました。

 

あと自作の木製のおもちゃにテーブル、清水焼

の絵付けのお皿などは、芸術家ならではの、

日常を楽しむ心意気が溢れていて本当に多才能。

学生時代、友人へ宛てた葉書(字も絵もなんて

グラフィック!)や実際に使っていたトランクも

目にすることが出来、以前よりぐっと近くなって

くれました。

 

猫好きなアナタに嬉しい、猫好きフジタの猫画特設あり、

気が付くと、あっという間に時間が過ぎ去り、

美術館のお庭も雰囲気あるので、あとで堪能する

つもりがその時間もなくなってしまいました(笑)

まあ、素晴らしいの一言に尽きます、フジタ万歳!

2月25日まで展覧中、関西圏の方はぜひ!

 

本日のおすすめ商品は、パリの生地・ローズ系鳥柄です。

↓こちらのページからご覧くださいね↓

http://tricolosir.com/?pid=94912356

今日もちいさな幸せが届きますように。

Comment
大谷記念美術館は『マリメッコ展』以来行ってませんが、好きな美術館です。
お庭で言えば神戸の白鶴美術館も素敵♪

来月の阪急のフランスフェア、手芸店も出店とのことで楽しみです♪
  • とくchan
  • 2018/02/14 21:37
とくchan さん

こんにちは。
そうですか、白鶴美術館へ行くときはお庭も楽しみです。
今後は「余裕持って早めに行く」ことにします ^^

フランスフェアは非日常を楽しめるので気分あがりますね。
  • triclosir
  • 2018/02/16 11:59





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM