JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報

 

こんにちは、トリコロジール店長・あきちゃんです。

パリのアパルトマン生活第2弾はマルシェ・グルメ編です。

もうひとつのやりたかったことは、マルシェ(近くの道路に立つ朝市)で買い物して

部屋のキッチンで料理する!

 

新鮮な食材にお花を買うってそれだけでただただ満ち足りた気持ちになる。

鶏のグリルちいさいのを半分買って部屋で食べる最初のお昼ごはん

山羊のチーズもソーセージも野菜も美味しすぎでした。

大・大・大すきなムール貝はお鍋にちょっと水をいれて蓋をして、貝が開けばできあがり!

残っただし汁は溶き卵でちょうどよい塩加減のスープになったよ。

お肉の噛みごたえが違うし、旨味も違うし。

魚も脂がのっていました、野菜もやっぱり日本とは違うコクやキレがあるし、

こういうのって輸入しても感じることのできない、持ち帰れないコトだと思う。

お惣菜のお店の味にも挑戦!牛肉の赤ワイン煮と野菜のグラタンで8ユーロくらいでした。

 

ムフタールやイエナなどガイドブックにのってる市場もいいけど、小さいながらも自分の

部屋の前の通りにあるって良かったです。

マルシェのいいところはお店と客の距離が近いこと。

スーパーにはないちょっこと会話が楽しい。沢山あるお店の中でも、気持ち良くきびきび

働いてて、感じのよいお店はなぜか際立って明るくみえるからふしぎ。
そんな彼らの「よい一日を!」に「ありがとう、あなたも!」と返すのがすき。

そしてこの言葉のあとに彼らの目がきらっと輝くのを見るのがもっとすき。
食材以外にも日曜雑貨、小物、洋品など沢山あってみんな賢くお買い物してます。
懐メロCD、テーブルクロス、お土産用コスメなども買いました。

 

そんななかでの見知らぬひとの優しさが、ちょっとしたジョークの会話が、

身に染みて「生活してる」実感が重く、自分にとっては心地良く刺激的だったのです。

まあ、旅行者だからお気楽で、ここにずっと住むとなったら・・・

それはそれは、人々は忙しく街は退廃的で、常に工事中・故障中などなど、

消耗することが多いんでしょうけどね。

日本にいると安全・安心・便利・清潔で、それはそれで本当にすばらしい国だけど、

それにも代えがたい生きてる感がある。

またパリに滞在することがあったら、アパート生活したいなぁと思います。

 

本日のおすすめ商品はランチョンマット・花イニシャルです。

 

↓こちらのページからご覧くださいね↓

http://tricolosir.com/?pid=96078864

今日もみなさんにちいさな幸せが届きますように。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM