こんにちは。

トリコロジール店長・あきちゃんです

8月10日〜8月23日

までの旅行記のまとめを書いています。

↑スイス・ジュネーブ湖やフランス方面

まで見渡せる頂上へはロープウェイで。

↓トゥールーズ・ホストファミリー宅

バジルと海老のてんぷらは大人気でした。

スイス、トゥールーズでは大きなイベント

もありましたが、みんなで食卓を囲み、

たくさんたくさん話すことで、ゆったりした

贅沢な時間を過ごせたこと、が一番よかった

です。

 

ミッシェルの哲学的人生の舵取り指南。

2014年が「道を渡れ」

でしたが、今回は「利用せよ」

ホフトファミリーの友達関係の突然の法事

があり、人の死の話題について、「一日

一日大切に生きないとね」に、

「うん、そうなんだけど、利用すること

が大事」って。

日々時間が流れていくなかで、自分にとって

プラス、有益、自分もまわりも幸せか、など

よく考えて行動せよ的なことが、「利用」と

いう後悔のない人生につながるって言ってる

ンだと思う、うまく文章にできませんが。

 

パリでは楽しい反面、かなりの自己防衛が

必要なので、キーワードは「確認」です。

外出時はパスポート、カード、分散している

お金などの位置の確認、地下鉄ではときどき

後ろを振り返って異常なしか?など常に確認。

いままで犯罪に巻き込まれたことが無く、

もうそろそろ何かあるかも、あっても落ち着

いて受け入れよう、でも大規模テロなんて

逃げようがないしなあ、などと考えること

自体すごーく疲れます(日本は平和だ、特に

帰国直後、安全でキレイを実感)

 

パリの宿問題。

今はSNSが普及しているので、Airbnbなど

の個人間宿の選択肢はアリでしょうが、

フランスでは普通にある(と思える)メッセージ

の返事がない(気が付かない)、約束自体

忘れてる、なぜドタキャン!?などの場合の

問題ストレスを考えると難しい、思う。

自分もシステムも変わっていきますが、

今の自分にはアパートホテルは快適だと思う。

 

パリ食事問題。

最近多い、お洒落なコンビニ感覚で

テイクアウトもできるお惣菜中華や、

なんちゃって日本食も結構なお値段だし、

ガイドブックに載ってるお店は、本に載る

こと=なんらかの利害関係がちょっとはあり

だろうし、時間の経過で経営者やシェフ

が変わってるかもだし、はたして時間が

限られている外国外食難民にとって運次第。

なら、キッチン付きのお部屋で作って

食べるほうが時間を失わないし疲れない。

食材自体の物価は安く、自分で手をかけて、

サンドイッチを作り、肉や魚を調理すること

が食事にかかる費用の削減につながります。

知ってると知らないでは全然ちがう!

 

パリ滞在が長かったなら・・・

こんな感じのビストロでジビエ料理を食べたい。

本格的な素敵なレストランへはもう少し、

精神的に大人になったら行きたい、

まだまだ中身がどうよ?の私です。

北欧の夕日(多分)を眺めて。

平成最後の夏休みの旅の振り返りを

しみじみ噛みしめながらの帰路。

いままで長々とおつきあいいただき

ありがとうございました。

 

今日もちいさな幸せがみなさんに

届きますように。

〜フレンチ・サプリ・ワールド〜

ちいさな幸せ雑貨店・トリコロジール

http://tricolosir.com

 

こんにちは。

トリコロジール店長・あきちゃんです。

フランス旅行記は続いていて、パリの

アパートホテルについて書きます。

 

パリの外食問題はアタマ痛いです。

2011年にも経験しましたが、

宿泊はキッチン付きの部屋にする

ことで外食費がかなり浮きます。

朝食はパン屋さんでバゲットや

クロワッサンを調達し、中庭に面した

ベランダで緑と鳥に癒されます。

お昼は朝食の残りのバゲットでチーズや

ハムに野菜等自作サンドイッチのお弁当

を持って外出。

そして夜はお部屋レストラン。

前菜はミッシェルから持たされたメロン。

袋に入った野菜は超便利、メインは

焼くだけ、部屋でゆっくりが最高。

チーズもミッシェルからのもの、

豊かな食材でパワーアップ!

デザートはスーパーのヨーグルトや

フロマージュ・ブランでも本当に

美味しいし、パティスリーのタルト

も堪能。

台所はフル装備、食洗機は朝から使った

食器類を入れておいて、夜にスイッチ・

オン。翌朝取り出して使えるので片付け

ストレスなし!お湯だけできれいになって

ました。

塩、胡椒やコーヒーフィルターなどちょっと

したモノ、少量なものは持参した方がいいか?

買って現地で使い切れなかったものは持ち

帰り(重さやスペースが気になる)あるいは

置いていってもいいし(処分の行先ではたして

誰か使ってくれるのかな?それともゴミになる

?)など思うところあり、みんなどうしてるん

だろう?

 

スタッフは若者だからなのか、すご〜く

気さく。wi-fiも繋げてもらって(よく繋がら

ない、トホホ)まあ、このくらいいいか、と

お蔵入りしそうな質問もできて「今の、分かった

?」と確認してくれる「親切な友達」みたいな

ノリも、私的には好き。

 

ここは、SNCF(国鉄)ガード・リヨン駅から

地下鉄で1つ目の駅で徒歩1分のアクセスと

バスタブ付に惹かれてブッ○ング・ドット・

コムで。3年前のパリでの宿泊はミッシェル

が予約してくれて、それがこのサイトだった

ので、今回は自分でやってやるぞ!と。

自分がネットショップをやってるのが奇跡な

くらいのアナログ人間で、常にアカウント・

パスワード・ログイン・サインイン恐怖症!

なぜならすんなり入れないし他でもけっこう

てこずるから。

が、やってみると、意外と簡単にできた!

値付けの根拠はわかりませんが、3か月前に

本日のお得部屋セールで。

現地通貨で支払いのはずが、日本円でも払

えるのでどっちするか聞かれて日本円に

決めて、結果かなり得したけど、謎です。

次回はホテルだけでなくTGV(新幹線)も

日本からネット予約してよりオトクに快適

にチャレンジしたいです。

次回は最終回・総括を書きます。

 

よい週末をお過ごしくださいね。

今日もちいさな幸せがみなさんに

届きますように。

〜フレンチ・サプリ・ワールド〜

ちいさな幸せ雑貨店・トリコロジール

http://tricolosir.com

 

こんにちは。

トリコロジール店長・あきちゃんです。

 

フランス旅行記、続いてます。

8月20日、トゥールーズからパリへ。

早朝の出発にお弁当を持たせてくれる

ミッシェル。サンドイッチやプチトマト

のほか、ヨーグルトも食べるよね?と

聞くので「いやいや、もう十分ですよ」と

答えると「なに言ってんの、朝食といえば

ヨーグルトやろ!」とアルミのスプーンまで

放り込む!完全お母さんです、うれしい。

 

お昼にパリに到着、テンションぐっとあがる!

3泊だけなのであっという間でしたが、

パリ在住に友人に会ったり、

近代美術館に行ったり、

写真はイエナのマルシェのちかく。

天気が良くてそんなに暑くなくて、

ここで食べるサンドイッチは最高

でした。

画像はありませんが、

「ベルシー・ヴィラージュ」という

ショッピングモールに行ってきました。

日本とあまり変わらずの雰囲気でした。

平日だからなのか、ひとは少な目。

暑かったので、アイスクリームは

大人気、2,3種類を選べるので

先に注文してるひとのやりとりを聞いて

マネして注文しました、こういうのって

すごく勉強になる!

カフェより和食レストレンの方が

人気で、テラスで焼き鳥とか、

おすしとかみなさん食べてました。

ベルシー⇔ガード・リヨン駅の間の

あたりの空中庭園の道をお散歩。

ここはすご〜く気に入りました。

特別な観光場所より日常に溶け込める

場所が好きです、あとはスーパー

マーケット、パン屋さん、カフェとか

で気分は現地人!・・・だけど、

外から見て感じること。

この国は「平等」と謳っていながら、

理不尽なことを目の当たりにしたりします。

街中は20区できっちり住み分けられて

いるし、地下鉄の中は様々で厳しい

現実あり、だけど自由な空気があり、何が

そう思わせるのか、熱いものを感じる。

きれいで安全な日本にはない、こんな混沌

としたパリが大好きです。

次回は泊まったアパートホテルについてです。

お楽しみに〜!?

 

今日もちいさな幸せがみなさんに

届きますように。

〜フレンチ・サプリ・ワールド〜

ちいさな幸せ雑貨店・トリコロジール

http://tricolosir.com

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM